世間一般で何かと話題にのぼるのは、眠気覚ましの方法についてである。

眠気に襲われる人は数多い。

”睡魔は突然やってくる”

この睡魔を撃退する方法を持つことは、とても有益である。

■日中の急な眠気はいつ起こる?

日々の生活の中で、眠気に襲われることがあるか、アンケート調査結果があります。あると答えた人が実に6割以上にのぼっています。

3割ほどの人たちだけが、眠気の不安を感じずに過ごしている。
スマホの普及により、いつでもどこでも情報を得られる時代となり、
睡眠不足は深刻になりつつある。

一日の睡眠時間は、概ね大半の人達は足りているような結果に。
6時間前後の睡眠時間は、適度であるとの調査結果も出ているが、
1~2時間ほど睡眠が足りない可能性がある。
このわずか1~2時間の睡眠不足が日々の眠気に襲われる
大きな原因と言えそうだ。

■眠気覚ましの方法 ツボマッサージ

▼目覚まし刺激のツボを押す

・中衝(ちゅうしょう) 中指の爪の根元にあるツボで、

 中指の爪の真ん中より少しだけ人差し指側にツボがあります。

 そこをグイグイと軽く指で押したりもんだりします。

 少しだけ気分が爽やかになる感覚が出れば、眠気覚ましの

 効果が出てきた証拠となります。ぜひ、試してみてください。

・合谷(ごうこく) 親指と人差し指で、「く」の字を作ります。

 ※右手の場合は、逆「く」の字になります。

 親指と人差し指の付け根が交差する辺りで、骨がない手の甲の部分

 を指で抑えたり、もんだりします。しばらくして、目が冴える感覚が

 出れば、効果が出てきた証拠です。

・労宮(ろうきゅう)

 手のひらのちょうど真ん中あたり、手をグーの形にした時に、

 中指と薬指の先が当たる部分にツボがあります。

 手のひらの真ん中あたりのそのツボをグイグイと軽く指で

 押したりもんだりします。しばらくすると眠気が消え、

 目元がスッキリした感じになります。